憧れの存在でもあり嫉妬対象でもある自慢の姉

私は自慢の姉がいるのですが、憧れの存在ですが嫉妬対象でもあります。ずっと前から周りに「お姉ちゃんはきれいなんだけどね」と言われてきたのです。思いっきり比べられました。それがものすごく私の持っているコンプレックスを刺激します。一番気に入らないのが私と姉のムダ毛事情です。私と姉は全く同じ遺伝子の元生まれているし、であればお姉さんも毛深くていいと思うのです。しかし姉の場合は非常にむだ毛は少ないし色素も薄いです。しかし私はむだ毛の量も大変多くてボーボーに生えるのです。姉妹そろって同じ物を食べていて同じような生活なのにこれほどまでに違うのでしょう?遺伝子の組み合わせと言われてしまえばそれまでですが、こんなに違うとなぜだろう?と疑問になるのです。「こんなに違いを出さなくてもいいのに」と言いたいです。ホントに腑に落ちないです。姉みたいに無駄毛を薄くするためには脱毛しかないと思います。近いうちに脱毛サロンにでも言って詳しい事を聞こうかと考えているところです。

私自身は貧しい方です。お金がないから高額なムダ毛処理の道具を買う事ができないのです。ですが使い捨ての剃刀なんかを使っていると肌荒れを起こしたりしますし、傷を作ってしまう事もあります。それに困っています。使い捨てカミソリはすこしあわてて処理した場合その箇所がケガしてしまうのです。この点が非常に不満なのです。何故ここまでキズを作らなければならないのかと思うのです。もっとハイテクなカミソリがあると良いなとその時思ったのです。そんな理由から傷をつけないハイテクなかみそりが欲しくなりました。そう言うのが合ったら、もっとムダ毛の処理で危ない目に合わずに済むと思います。ケガしなくても済むのでいいと思います。そんな訳でそういったアイテムは無いのかと思ったのです。高額だった場合手が出ないので、いつか庶民用の怪我しないカミソリを作ってほしいなと思ったのです。キズを付けた場合肌を露出したときにその部分が目立ってしまう為、極力怪我のない脱毛用品があると良いですよね。